司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「労働保険の保険料の徴収等に関する法律の規定に基づき雇用保険率を変更する告示案要綱」についての労働政策審議会に対する諮問及び答申について
「労働保険の保険料の徴収等に関する法律の規定に基づき雇用保険率を変更する告示案要綱」についての労働政策審議会に対する諮問及び答申について

雇用保険料率も変わりました。
これは覚えておきたい数字です。暗記は追々で良いですが、今のうちから押さえておきましょう。急には覚えられません。

なお、内容は試験と関係ない部分もあるとは思いますが、今の時期なら興味を持って見ておくのも良いと思います。

スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

先週の主な社会労務関係のニュース(1021-1027)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

毎月勤労統計調査-平成19年8月分結果確報
毎月勤労統計調査-平成19年8月分結果確報

労一で出てきます。今のうちに雰囲気を味わっておきましょう。
直前に始めて見るより効果的だと思います。
あまり時間をかけずにさらっと見ておく程度で良いと思います。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

先週の主な社会労務関係のニュース(1014-1020)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

75歳以上の保険料免除期間、与党間で合意できず再調整へ
75歳以上の保険料免除期間、与党間で合意できず再調整へ(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000112-yom-pol

徐々に進展があるように見えてなかなかですが、4月からはなくなり、この先少々凍結しても根本解決にはならないのでしっかり再検討して欲しいものです。

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

おわび
本試験問題の振り返りを最近サボっております。
申し訳ございません。

今までは土日にざっとやり、毎日UPするという感じでやっていましたが、土日も仕事が入るようになり、かつ簿記勉強が追いつかなくなってきたからです。

ですので暫くはニュース等のみを適宜UPとし、本試験問題の振り返りは簿記試験後の11月18日以降とさせて頂きます。

楽しみにされている方はそれほどいらっしゃらないとは思いますが、ご容赦願います。

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

先週の主な社会労務関係のニュース(1007-1013)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

本試験復習択一雇用問7
=== 雇用法 問7 ===

◆今日はガイドヘルプで温泉に行きました。
ご利用者様も笑顔が素敵な方で癒し系のガイヘルと楽しみにしていましたが、とんでもない事件が発生してしまいました。
大事には至りませんでしたが、一瞬真っ青になりました。

利用者さんを見失ってしまったのです・・・

すぐに見つかりましたが、その利用者さんは日本オープンのゴルフ送迎バスに乗られておりました。
普段その場所には温泉行きの送迎バスが止まっている場所だったのです。
日本オープンのバスに乗ってゴルフ場に行っていたら大変なことになっていました。


◆今日は簿記の問題集を買いました。これからがスパートです。頑張ります!!


それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

毎月勤労統計調査-平成19年8月分結果速報
厚生労働省からの情報提供です。

こちらのブログに載せましたので適宜ご覧下さい。

開業社労士ただいま準備中

今のうちから少しずつ見ておくと概観が掴めて来ます。試験前に暗記してもピンポイントで出題されない限り正解できませんので今のうちからそれほど時間をかけずに見ておく事をお勧めします。


テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

年金保険第3者委員会
試験とは直接、いや間接的にもあまり関係ないと思われますが、第三者委員会のニュースがちらほら見受けられますので下記ブログに載せました。ひょっとしたら社一などで出るかも・・・というよりはこのあたりは今後のことを考え、意識しておくのもよいと思います。


開業社労士ただいま準備中
http://nbin.blog83.fc2.com/

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

「人口減少社会」に対応できる企業を目指して~多様就業型ワークシェアリングの取組方法~
厚生労働省より掲題「「人口減少社会」に対応できる企業を目指して~多様就業型ワークシェアリングの取組方法~」についての記事が出ていましたので、社労士準備ブログで紹介しました。
受験と言う観点では労働一般のごく一部かもしれませんが、この時期であれば全体像を把握しておくのに惜しい時間ではないと思います。


開業社労士ただいま準備中

「人口減少社会」に対応できる企業を目指して~多様就業型ワークシェアリングの取組方法~

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

本試験復習択一雇用問6
=== 雇用法 問6 ===

◆今日はガイドヘルプを2つ行い、施設での仕事は行ないませんでした。なかなかの大物で2人のヘルパーでの対応でした。
今後もこの方の対応を行なうのでしっかりと覚えていきたいですが、先輩ヘルパーも苦戦されているのでどうなることやら。

◆簿記勉強は3連休で目処が立ちませんでしたが、概要は少しずつ掴めてきたようです。
来週あたりから本格的アウトプット演習に入りたいと思っています。

それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

本試験復習択一雇用問5
=== 雇用法 問5 ===

◆今日で3連休も終わりですね。
こちらは天気があまりすぐれないのでゆっくり過ごしたいと思います。午後は簿記の勉強のキャッチアップを図りたいです。

◆ミャンマーで殺害された長井さんの葬儀が今日行なわれるそうです。
私の小中学校の友達の友達がこの事件で亡くなったそうです。
命は戻ってこないですが、長井さんが撮影したカメラなども戻ってきていないそうです。
これを取り戻そうと署名活動をしているのでこちらは是非とも戻ってきて欲しいものです。
ご協力頂ければと思います。

ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会



それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。
本試験復習択一雇用問4
=== 雇用法 問4 ===

◆3連休の中日ですね。天気も最高の秋晴れ。これから崩れるようですので今日は絶好の行楽日和ですね。私は少し片付けをした後、簿記の追い込みをしたいと思います。このままですと絶対に受かりませんので。

◆その分、昨日は映画を観に行って来ました。包帯クラブです。なかなか面白く、ところどころ考えさせられる映画でした。今の私の生き方で良いのか、満足できているのか、一生は一回しかありません。映画のように派手には生きられないけど、得るものはあったと思います。

それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。

テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育

本試験復習択一雇用問3
=== 雇用法 問3 ===

◆今日頑張ると3連休。
今週は転職後はじめての週に5日働く日。
体の慣れとは恐いもので週4日労働の体内時計が出来ているのか昨日は金曜日の気がしてならなかった。
今日は1日儲けたというプラス思考で頑張りたい。

◆今日は私がどれだけ勉強したかについて記述します。
これは電車の中の集中できていない時間も含まれますので割り引いて考えてください。
7割掛で良いかもしれません。
電車の中や集中していない時間も含めたのは、これだけ勉強したというものが時間ですと明確に分かるのでやる気に繋がったからです。
試験前はとても不安になります。
そんなときにこれだけ勉強したのだからという安心剤になるのです。

それでは具体的な数字ですが、11月からの勉強開始で試験までで合計1400時間です。
9月9日から実績管理エクセルを使用したのでその日からスタートとしてカウントした場合の1日の平均勉強時間は4時間。最後の最後に4時間に達しました。
これもイチローの200安打のように目標にして頑張れました。
1日のMAX勉強時間14時間。
浪人時代並みです。後半には会社を辞めたこともありますが、7月を過ぎてからは、生きるための活動か勉強以外には何もしていませんでした。
以上が私の勉強についてでした。

長々とシリーズで記述しましたが、どこかで簡潔にまとめたいと思います。

明日以降は暫く勉強についてはお休みで1日の出来事と本試験振り返りのみを行なう予定です。
その他は検討いたします。
ありがとうございました。


それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

補正予算含め検討と福田首相=高齢者医療費の負担増凍結で-衆院代表質問
補正予算含め検討と福田首相=高齢者医療費の負担増凍結で-衆院代表質問
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071004-00000108-jij-pol
時事通信より

この先じっくり見守りたいですね。
試験に関することもさることながら、高齢者にこれ以上負担をかけて欲しくないと切に願います。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

平成19年度雇用保険制度改正関連資料
雇用保険改正は年度はじめにいろいろとございましたが、10月をもってひととおり改正内容の施行が揃った感じですね。

こちらに載せましたのでご覧いただければと思います。

平成19年度雇用保険制度改正関連資料

厚生労働省提供の資料です。

テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育

本試験復習択一雇用問2
=== 雇用法 問2 ===

◆昨日、中小企業診断士の本を購入した。
今は簿記2級合格を目指しているので財務・会計のテキストの購入だ。
そろそろ社労士のときと同じ程度の質と量でいきたい。

◆前回と前々回でやる内容とスケジュールが出たと思いますが、基本的には繰り返しが重要です。

以前にも少し書きましたが、私は問題集を6回、模擬試験を3回、メール等の問題も3回行ないました。
法改正はそれなりに繰り返しましたが、一般常識は繰り返して学習する時間がなくなり、1,2回見た程度でした。
不安を抱えながらの本試験でした。
問題集は科目にもよりますが、1科目を集中してやっても1日以上かかります。
つまり1回転するのに10日程度が必要です。模擬試験の復習もやり方によりますが、それなりにきっちりやると1日で1つ終わるか終わらないかです。
つまり5つも受けると1週間かかります。
そのあたりを踏まえてスケジューリングしないと全てが中途半端になってしまいます。

本日言いたかったことは、2ヶ月前の7月頭でのリ・スケ(ジュール)はきっちり且つ余裕を持って立てないと焦りが増すばかりですので注意が必要ということです。

それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

本試験復習択一雇用問1
=== 雇用法 問1 ===

◆今日の仕事も無事終わったが毎日が新しい発見の連続で面白いと言えば面白いし、疲れると言えば疲れる。
要は気の持ちようですね。
簿記2級の試験を目指し、そろそろギアをチェンジしなければ・・・

◆今日は直前期(GW~試験本番)に何を使用したかを列挙したいと思います。
最後までベースはTAC社の必須テキストで、問題集もTAC社です。
これは科目毎に分解して使用しました。
最終的には6回まわしました。

その他ですが、TAC社の法改正セミナー、一般常識セミナー、模擬試験(TAC社3回<選択式・中間・総合>、大原社とLEC社は最後の総合模試)の計5回ですが、仕事の関係上、TAC社を自宅受験にしていたため、本試験前に2回は実践したいと思ったからと他の受験生とのレベルの差異を測りたかったからですが、復習を含めると消化不良になってしまった感はあります。
しかし、後半に急激に力が付いていたのでこの模試は自信には繋がりました。
結果論では2回程度(自宅受験ではなく)が良いと思われます。
なお、模擬試験の付録の問題集は結局TAC社のものしか行なう時間がなくなりました。

その他、わかる社労士横断式は購入しましたが、たまに見る程度で有効活用出来ませんでした。
その他、パソコン系でまぐまぐメールを3,4個無料のものを行なっていました。
基本的には1問1答形式のものです。
メールでは模試のおまけのTAC社のポイント集を印刷して寝る前に声を出して読んでいました。
使用した教材はこんなところです。


それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。

テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育

本試験復習択一労災問10
=== 労災法(徴収法) 問10 ===

◆今日から10月。
今年も残り3箇月。月日が経つのはは早いものだ。
仕事も今日から3週間目。すこしずつ慣れてきた。
引き続き気を引き締めて頑張りたい。

今日は仕事の後、労働講座で労働基準法を学んだ。
賃金についてであるが基本的な定義も怪しくなっている。
きっちり復習しておきたい。


◆今日は直前期のスケジューリングについてです。
GW前ということで本試験まで約4ヶ月あります。
この時期のスケジュールはお尻から立てました。

本試験10日前は直前弱点克服・暗記などを予定しており、「最終追い込み期」として枠だけ用意しました。

その前の期間を8月頭からとし、約2週間程度あります。
この時期を超直前期としました。
この時期には法改正や統計数字、10日前では終わりそうもない苦手科目(箇所)克服期としましたが、実は模擬試験での成績が返却されるものこの時期ですので模擬試験の復習は終了後すぐに行なうもののこの時期でも復習を行ないました。
模擬試験の復習はかなり時間がかかるのでペース配分を意識して行なう必要があります。
時間のない人は、自分が間違えていて他の人の正解率が高い問題を中心に行い、全体として正解率が低い問題は捨てましょう。
「全体として正解率が低い」は自分の模擬試験復習に使える時間の量によって変わってくると思いますが、20%を切る問題は捨てて良いと思います。

8月前の時期はGW期、5月、6月、7月と区切りました。

7月は模擬試験や法改正テキスト等も配布、販売されるので、追い込み期として左記を7月中に1回は終了させる時間を確保し、残りを問題に費やしました。5,6月はひたすら問題をこなす続きですが、残りの期間を意識した問題の取り組みとしました。

GW期はスケジュールの見直しと直前期の詳細な計画の練り直しを行い、まとまった時間が取れるため、問題集のキャッチアップを行ないました。
再度整理してみると直前期と言っても前半はひたすら問題をやっているだけですので年明けのアウトプット期と変わらないと思われますが、ゴールを見据えた計画の練り直しとモチベーションアップと実際の問題の取り組み姿勢の変化などの効果がありますので私はこのようにスケジューリングしました。

次回は具体的に何を取捨したかを掲げます。


それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。