司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社労士受験1日1条:社会保険審査官及び社会保険審査会法
社労士受験1日1条 社会保険審査官及び社会保険審査会法 20070325

・1日1条ずつですが各法の第1条を穴埋め形式で提供致します。
・基本条文は選択式でも問われたり、また各法律の目的を定めていますのでまず幹を押さえる上で大切です。
・なお、このテーマは過去MIXIの日記で取り上げたものですが、日記をこのブログに移行したため再掲したものですよって内容は2006年11月位のものです。
・また、法改正情報を含め、当内容につきましての責任は一切負いませんので予めご容赦願います。
・「社労士今週の小さな知識」を提供する日はお休みとさせていただきます。
・この法律の順番は社労士法の別表第一の順で提供しています。

<社会保険審査官及び社会保険審査会法>

(設置)
健康保険法第百八十九条、船員保険法第六十三条、(       )法第九十条(同法第百六十九条において準用する場合を含む。以下同じ。)及び石炭鉱業年金基金法第三十三条第一項並びに国民年金法第百一条(同法第百三十八条において準用する場合を含む。以下同じ。)の規定による審査請求の事件を取り扱わせるため、各(         )に社会保険審査官(以下「審査官」という。)を置く。
2 審査官の定数は、政令で定める。

以下の「続きを読む」に1条全文があります。

(設置)
健康保険法第百八十九条、船員保険法第六十三条、厚生年金保険法第九十条(同法第百六十九条において準用する場合を含む。以下同じ。)及び石炭鉱業年金基金法第三十三条第一項並びに国民年金法第百一条(同法第百三十八条において準用する場合を含む。以下同じ。)の規定による審査請求の事件を取り扱わせるため、各地方社会保険事務局に社会保険審査官(以下「審査官」という。)を置く。
2 審査官の定数は、政令で定める。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。