司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社労士受験関連ニュース(資料配布ミスで異例の法案成立先送り…雇用保険法改正)
社労士受験に関係のあるニュースをピックアップしています。

<今回は・・・>
雇用保険関連に関わるニュースです。

<資料配布ミスで異例の法案成立先送り…雇用保険法改正>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000112-yom-pol
(Yahooニュース<読売新聞> 2007/03/29)

ブログランキングに参加しております
banner_04.gif

<感想と一言>
・お粗末の一言。

<社労士試験の観点>
・どうなるのだろうか。記事本文を見ると4月からの保険料引き下げは実施できないとのこと。つまり、改正日がいつになるのかがポイントだろう。雇用保険は短時間被保険者あたりも改正されると理解していたので動向が気になる。しかし、振り回されないようにしよう。

<社労士試験、ちょびっと知識>
・特になし。本文参照。

 29日の参院本会議で成立する予定だった雇用保険法改正案を巡り、厚生労働省が28日夜に「29日に成立した」と明記した資料を関連議員に誤って配布したため、野党側が反発し、29日の法案採決が先送りされた。
 法案成立は4月中旬にずれ込む見通しだ。柳沢厚生労働相は29日の参院厚労委員会で、ミスを認めて陳謝し、自らを含めた関係者を処分する考えを表明した。
 成立後に配る予定の資料を1日前に配ったと見られる。野党側は「法案の成立を決めるのは国会であり、国会軽視だ」と反発した。
 改正案は、失業率の改善などに伴い、2007年度から労使折半の雇用保険料を1・6%から1・2%へと引き下げるもの。法案の成立ずれ込みにより、4月からの保険料引き下げは実施できない。ただ、厚労省によると、保険料の徴収は5月20日が期限で、実務上の支障はないという

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。