司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本試験復習択一労基問7
=== 労働基準法 問7 ===

◆今日はだらだらした生活に ”カツ” を入れようと勉強しなれた図書館に行き、簿記の勉強をしましたが、集中力は続きませんでした。
そろそろと思いながらも試験から2週間以上が経ちますので気合を入れて行きたいです。

◆試験時間中の対応についてはひととおり私のやり方を紹介したと思います。
何が正しいというものはないと思います。
自分の確固たるやり方があればそれで良いと思いますが、参考になる部分があれば取り入れてみてください。
なので今日はお休みで明日からは試験勉強のやり方を小出しに書いていきたいと思います。自分の中で整理することによって次回以降にも繋げてそして改善していきたいと思っています。

それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。
問7
正解 C 私の解答 C


法41条該当の管理監督者者であってもこの時期は同じだろうし、そんな例外も無いと押さえており、×3つつけ、次へ。


軽易な業務は妊婦のみ。楽勝で×3つ。


何度も問題演習をやり、はっきりと○がつけられ、以降を見切って次の設問へ。

このあたりはかなり調子が良い。時計は見ていないが、時間も見切りを連発しているので余ってきたはず。

次の苦手な安衛へ弾みをつけて進む。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。