司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本試験復習択一労基問8
=== 労働基準法(安全衛生法) 問8 ===

◆今日は結婚記念日。10年を迎えました。まだまだ先は長いですが、ずっと一緒に頑張りたいです。

◆今日からはどのように受験勉強をしてきたかについて少しずつ触れていきたいと思います。
私はお金と時間の関係で独学を選びました。
しかし、結局現在まで3回の受験ということですし、今回も合格しているかどうか分かりません。結局は学校に通ってもしくはDVDなどできっちりやった方が、良かったとも思っています。
あくまで結果論ですが・・・

その1つの理由に不明な点の解決に独学は時間がかかるということ。
先生に質問できるという環境がないのは時間にしてかなりのロスだと思います。
それをしっかり調べることが出来れば、理解も深くなるという考え方もありますが、社労士試験は試験範囲も広く、奥も深いので効率を考えた方が良いかもしれません。

しかし、独学か通学(通信)かは人それぞれです。
自分で決めたら迷わず突っ走る気持ちとメリデメをきっちり理解しておけば、どちらでも良いと思います。


それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。
問8
正解 E 私の解答 E


珍しく基本的な問題なので慎重に取り組む。100、300、1000と覚えており、製造業は300だろ!と×3つ。


総括安全衛生管理者は誰でもOKと理解していたので×3つで次へ。


短い文章だが、判断つかず。??と2つつけ、準ずるものに波線を入れて次に進む。


確か、この手は勧奨どまりと押さえており、これが○なら力不足と割り切り悩まず次へ。
(ちなみに先ほど調べたら勧告だった。)


しっかり理解している訳ではないが、全く問題ない文章であり○を1つ。

CとEでの決戦

再度、両肢を読むがEが×ならしょうがないと腹を括り、Eとした。
結果は各社解答予想と一致し、Eが正しい様子。Cの誤りはやはり「準ずる」が誤りなのだろうか。ちょっと細かすぎるような気がする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。