司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本試験復習択一労基問9
=== 労働基準法(安全衛生法) 問9 ===

◆今日は(今日も?)ホームページビルダーと格闘していました。
最近ホームページを作成しているのですが、なかなか思うように作成できず、時間ばかり経ち苛立ちを隠せません。

◆さて、私の勉強法ですが、今日は予実管理の大切さについてです。
私はエクセルで予定と実績を管理しております。
1日の勉強時間、月毎、総合計、平均勉強時間、目標勉強時間との差などを一覧化しているのでかなりモチベーション維持にも役立っていますし、進捗具合も把握出来ます。
長丁場のこの試験ではこのように管理をしていくことで計画だった勉強が出来、またやる気も持続できます。

難点は尺度を時間ばかりに囚われ過ぎると質が疎かになってしまう点ですが、それはまた別問題としてきっちり整理していく必要があります。
しかし、時間は1つの尺度ですし、1000時間もやったのだからなど最後に自信にも繋がってきます(勿論、これも裏を返せばこんなに勉強したのに理解出来ていない・・・なんてことにも繋がりますが、それはプラス思考で跳ね除けましょう!!)


それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。
問9
正解 A 私の解答 C


派遣の問題もここまで来たか・・・という感じで聞いたことはない局面。
「委員会ね」と頭の中でつぶやきながら極小で○をつけ、大きく?をつけ次の肢へ。


これもあまり自信なしで、×を1つつけ、次の肢へ。


これもやっぱり分からない。Aよりは大きめの○で1つつけ次へ。


これは勉強済み。雇入れは派遣元。今までの鬱憤を含め×4つつけ最後の肢へ。


これは両方だ!と×5つもつけ遊んでいるというか、いらいらしてきている感じで頭に戻る。


AとCの決戦投票

2回ずつ読むも判断つかず。最初の直感を信じてCとするが、各社の解答はA。


派遣がここまで書かれたものは見たことがないので各社の解答解説書が出たら、改めて復習する予定。

読んでくださっている方、申し訳ございません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。