司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本試験復習択一労災問1
=== 労災法 問1 ===

◆今日は朝からガイドヘルプ業務で電車での旅&大船フラワーセンター&町田エイサー祭りに行ってきた。
暑い一日だったのでいい運動になったと同時に少しへばり気味になった。


◆昨日は教材の紹介に留めましたが、今日はどのように使っていったかを書きたいと思います。

TAC社の必須テキストを全てのベースに添えて学習しました。
まずはななめ読み、そして精読ですが、昨年まではこのインプット期間が長く、且つ頭に入っていなかったのが敗因とし、今回からは早めにアウトプットを行ないました。
問題を解きながらも1回転目は必ずテキストに戻るということをしました。
この問題集の使い方は明日に譲るとして、その他のインプット学習としましては、昨日ご紹介した独学道場とキープアップゼミを携帯に落とし、それを通勤時間に聞くということをしました。
電車に乗り、座れるとかなりきっちり聞けるのですが、歩いているときや満員電車の中でテキストを開けない時などは時間にカウントするもののほとんど身になっていないと反省しました。
来年に向け勉強することとなった場合にはここは一工夫必要と感じております。

いずれにしても今回のインプット学習はテキスト読みは2回程度、独学道場等の耳からの学習を直前期まで繰り返し行う、そして問題集との併用という形で行いました。

再度振り返ってみると、問題集を解く際にどれだけきっちりテキストを読み、理解出来るかが理解度アップの根底にあると思いました。


それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。
問1
正解 D 私の解答 B

本試験の本当に好きな部分ですね。
昨年の選択式には泣かされました。
と言っても択一式でも合格点に達していなかったし、他の選択式でも足きりにあっていたのでそれほど悔やまれませんが、多くの受験生が泣いた箇所ですね。


理解していたはずだが、問題文でこのようにさらっと書かれると自信がなくなる。しかしこれは含まれると判断し、×2つ。


これもさらっと書かれ過ぎ。勉強した文章よりかなり短かったが、その部分が省令に入っているのかが分かれ道。判断つかず×1つ。


ガソリンが染み込んでいれば、労働者の重大な過失にあたるだろうとも思いつつも、重大な過失に当てはまっても該当しないかと言うとそんなこともないと思い、×1つ。
(ちょっと自信なしです。解答集が出てから再度勉強しなおしたいです)


もうこの辺に来ると少々パニック気味になってくる。何回も学習したところなのに・・・
業務との関連性があれば問題文に該当しなくても業務災害と認められるだろうと×3つ。
(結局、これが正解肢とのことなので、私は全く理解できていなかったということになる。あぁ)


これだけは自信をもって×がつけられた。


結局、全て×となり、B、Cの決戦投票となったが、結論でず、時間があったら見直そうと問題文上に?をつけ、Bと書き、次の問題へ進む。
(結局どちらでも間違えだった。)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。