司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本試験復習択一労災問6
=== 労災法 問6 ===

◆今日は仕事がお休み。
一週間の疲れが溜まっていたようで起きたら11時だった。
パソコンと向かいつつも簿記の勉強を1時間程度で現在。
後はぶらぶら外出とスポーツクラブで温泉に入りに行く位のゆっくりとした1日の予定です。

◆昨日は問題を解く場所、時間についてでした。
今日はその他の教材の利用についてです。
以前にも申し上げましたが、基本的にはテキストと問題集のみの完結型勉強で行ないましたが、社労士試験で言うとネットの利用も良いと思います。

有料のものもありますが、無料のサイトやまぐまぐなども揃っており、うまく利用出来ればかなり価値があると思います。
その中の1つで携帯にメールを毎日1問配信してくれるものがありました。
私はこれを携帯でカテゴリー分けしておき、時間のあるときにそしてテキストや問題集を開けるには厳しい場所で利用しました。

例えば、バス停での待ち時間や電車で座れなかったときなど。
直前期にはエレベータ待ちの些細な時間にも利用しました。

便利な世の中になっておりますので最大限あるものを利用するのも手だと思います。
但し、まぐまぐの利用などはあるもの全て登録すると消化不良を起こしますのである程度登録して実践したら状況を見て取捨選択したほうが良いと思います。
私はあらゆる問題をエクセルにコピーペーストして最初は実施していましたが、時間ばかりかかり、集中していない自分に気づき、途中から厳選致しました。
最後まで利用した配信は3つくらいになりました。


それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。
問6
正解 D 私の解答 B

本試験の本当に好きな部分ですね。
昨年の選択式には泣かされました。
と言っても択一式でも合格点に達していなかったし、他の選択式でも足きりにあっていたのでそれほど悔やまれませんが、多くの受験生が泣いた箇所ですね。


理解していたはずだが、問題文でこのようにさらっと書かれると自信がなくなる。しかしこれは含まれると判断し、×2つ。


これもさらっと書かれ過ぎ。勉強した文章よりかなり短かったが、その部分が省令に入っているのかが分かれ道。判断つかず×1つ。


ガソリンが染み込んでいれば、労働者の重大な過失にあたるだろうとも思いつつも、重大な過失に当てはまっても該当しないかと言うとそんなこともないと思い、×1つ。
(ちょっと自信なしです。解答集が出てから再度勉強しなおしたいです)


もうこの辺に来ると少々パニック気味になってくる。何回も学習したところなのに・・・
業務との関連性があれば問題文に該当しなくても業務災害と認められるだろうと×3つ。
(結局、これが正解肢とのことなので、私は全く理解できていなかったということになる。あぁ)


これだけは自信をもって×がつけられた。


結局、全て×となり、B、Cの決戦投票となったが、結論でず、時間があったら見直そうと問題文上に?をつけ、Bと書き、次の問題へ進む。
(結局どちらでも間違えだった。)

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。