司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本試験復習択一雇用問3
=== 雇用法 問3 ===

◆今日頑張ると3連休。
今週は転職後はじめての週に5日働く日。
体の慣れとは恐いもので週4日労働の体内時計が出来ているのか昨日は金曜日の気がしてならなかった。
今日は1日儲けたというプラス思考で頑張りたい。

◆今日は私がどれだけ勉強したかについて記述します。
これは電車の中の集中できていない時間も含まれますので割り引いて考えてください。
7割掛で良いかもしれません。
電車の中や集中していない時間も含めたのは、これだけ勉強したというものが時間ですと明確に分かるのでやる気に繋がったからです。
試験前はとても不安になります。
そんなときにこれだけ勉強したのだからという安心剤になるのです。

それでは具体的な数字ですが、11月からの勉強開始で試験までで合計1400時間です。
9月9日から実績管理エクセルを使用したのでその日からスタートとしてカウントした場合の1日の平均勉強時間は4時間。最後の最後に4時間に達しました。
これもイチローの200安打のように目標にして頑張れました。
1日のMAX勉強時間14時間。
浪人時代並みです。後半には会社を辞めたこともありますが、7月を過ぎてからは、生きるための活動か勉強以外には何もしていませんでした。
以上が私の勉強についてでした。

長々とシリーズで記述しましたが、どこかで簡潔にまとめたいと思います。

明日以降は暫く勉強についてはお休みで1日の出来事と本試験振り返りのみを行なう予定です。
その他は検討いたします。
ありがとうございました。


それでは問題の復習に入ります。「続きを読む」をご覧下さい。
問3
正解 D 私の解答 D


15日以上でなければ支給されないと理解しており、○2つ。


問題文の条件で変更されると聞いたことはないので○2つ。


出た!基本問題ながらも良く間違う給付の種類。直前期に頭の中に叩き込んだ。○2つ。


これはありえないと判断。でも例外もあるかもしれないので×1つで次の問題も見る。


これは正しい。併給されたら嬉しいが・・・○2つ。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。