司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
75歳以上の保険料免除期間、与党間で合意できず再調整へ
75歳以上の保険料免除期間、与党間で合意できず再調整へ(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000112-yom-pol

徐々に進展があるように見えてなかなかですが、4月からはなくなり、この先少々凍結しても根本解決にはならないのでしっかり再検討して欲しいものです。
 自民、公明両党が連立政権協議で合意した高齢者医療費の負担増凍結の方法を協議する「与党高齢者医療制度に関するプロジェクトチーム」は17日の会合で、来年4月に1割から2割に引き上げられる予定だった70歳~74歳の窓口負担を1割に据え置く期間を「1年間」とすることで合意した。

 一方、新たに保険料が発生する75歳以上の保険料の免除期間について、自民党側が免除期間を「半年間」と明記した座長案を示したが、「9か月」を主張している公明党側が強く反発し、再調整する。

 座長案には「高齢者医療制度のあり方について今後も検討を続ける」などの項目を設け、負担増の凍結後に、法改正も含めて高齢者医療制度の修正を議論することを盛り込んだ。

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。