司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
司法書士試験合格までの勉強時間
司法書士試験合格までの勉強時間はいったいどれくらいなのだろうか。

いろいろネットや専門学校などを調べてみた。

・3000時間から4000時間。学校の有効活用で短く出来る。
・合格者の合格までの平均年数は、一般的には2~3年。学校の短期カリキュラムで一発合格も可能。
・司法書士 6000時間

などがありました。

ちなみに

社会福祉士 200時間
行政書士 700時間
社会保険労務士 1000時間
旧司法試験 20000時間

などもありました。

私は社会福祉士は通信教育で取得(実務研修があるのと学校へいくことが取得要件のため)しましたが、約2年びっちり勉強しました。
資格取得のための時間は大幅に超えておりましたが、お陰さまで高得点で合格しました。

社労士は独学で臨みましたが、3回目で合格。1年間の勉強時間は1000時間から1500時間でした。つまり3000時間から4500時間もかかったということです。

やはり独学は非効率なのでしょうか・・・いや、私の上記の時間は集中している時間以外の歩きながらのCD学習なども入っており、参考にはならないかもしれません。



このペースでいくと司法書士は低く見積もっても15000時間。多く見積もると36000時間もかかることになります。


いいじゃないですか。こんなに勉強できて・・・幸せ者です。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2009年度の社会保険労務士試験は、どんどん迫ってきています・・・勉強ぎらいの私が、暗記をせずに合格した勉強法とは・・・高校時代はバレーボールばかりで勉強をせず、親に大学進学を反対され、専門学校へ進学。当時、ほぼ毎日終電で帰る残業まみれのサラリーマンだった...
2009/02/15(日) 19:27:25 | ありあんす
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。