司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五感の活用
同じだけの量の時間を勉強に使うなら、互換をフル活用したほうが効果的です。

目だけ学習の方が進みます。沢山の量が出来ます。

仮に1時間学習して5ページ進んだとしましょう。


一方、目で見て、声に出して読んで、それを耳で書き、大切なところをペンでまとめる。部屋には集中力の高まるアロマを焚く。

1時間学習して1ページだったとしましょう。



どちらが効果的でしょうか。

目だけ学習はそれを5回繰り返せます。いや、慣れてきたら、7,8回読めるかもしれません。

繰り返しの効果で前者の勝ちでしょうか。


私は、あくまでも私はですが、5回繰り返しても、印象に無ければ1ヶ月後に忘れています。

私は後者をおすすめします。

しかし、上記例は極端な例です。

仮に上記の例のように1時間1ページであれば、試験を受けるころには生きていないでしょう。

あとは、自分のやり方を見出して下さい。

重要ワードだけは書き出し、アトはラインを引くくらいにしておく。

問題なら間違えたときだけ、書いて覚えるなどなど。

いずれにしても、同じ時間に1つの感覚だけを使うのはもったいないということが言いたかっただけです。

勿論、これは自分へのメッセージです。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。