司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
集中力はどこまで続くか
人間の集中力はどこまで持続できるか。


このような問いに対して45分とか1時間などと言われることがある。

ある意味正しいと思う。

だいたいこれくらい勉強すると休憩したくなるから。



しかし、何をやっているときでもこの時間かというとそんなことはない。

楽しいときは2,3時間ぶっつづけで集中できるし、つまらないときは30分ももたない。



であれば、楽しみながら勉強する方がお得だ。

私は目標として3時間を設定したい。


行政書士試験の試験時間だから。


しかし、私は3時間はやはり厳しいと思う。

試験を一生懸命やっていてもやっぱり途中で疲れる。

疲れると効率が落ちる。

時間の厳しい試験だが、試験時間中に小休止は欲しい。

30秒でよい。

少し丸まった背中を伸ばし、首を回す程度でリラックスできる。

首を回しすぎるとカンニングと思われるので要注意!


集中力は人によって違うが、訓練で変わる。

特別な訓練の必要はない。

普段、意識して取り組めばそれが訓練だ。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。