司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で!
「完全燃焼+人にやさしく+プラス思考」という私の信念をベースとして、計画的かつ論理的に受験勉強を展開し、司法書士試験と行政書士試験のダブル合格を独学で目指すためのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本国憲法
人権がひととおり終わり、統治に入りました。今日は天皇の国事行為を勉強しました。


天皇は内閣の助言と承認で・・・

・憲法改正、法律、政令、及び条約を公布

→ポイントは政令

・国会を召集

→招集ではない

・衆議院を解散

→国会ではない

・国家議員の総選挙の施行を公示

→緊急集会は入らない

・国務大臣及び法律の定めるその他の吏員の任免ならびに全権委任状及び・・・認証

→認証

・大赦、特赦・・・認証

→あわせて恩赦など

・栄典を授与

・批准書及び法律・・・認証

・外国の大使

・儀式

前半に重要な部分がありますね。

なお、天皇の行為は二行為説、三行為説などがあります。

こんな感じでノート代わりに書いてしまいました。もし宜しければ一緒に勉強していきましょう。
と言ってもこのブログはまとめるためではなく、落書き帖がわりなので皆さんはテキストでしっかり勉強してくださいね。

エンジンがかかってきたら、みなさんに参考になるように書いていきたいです!!

テーマ:資格・スキルアップ・仕事 - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 司法書士試験と行政書士試験の合格を独学で! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。